神戸ウエストライオンズクラブ|Lions Club Of Kobe West

この度は、1294回例会にお招きいただきましたありがとうございました。暑いさなかではございますが、既にご案内致しました通り8月4, 5日二日間に渡りまして「しあわせの村」土グラウンドの方で開会式並びに閉会式にて子供たちの元気な姿へエールを送っていただければわれわれ関係者嬉しい限りでございます。

第26回と言うことで、もう四半世紀を過ぎたわけであります。昨年は25回という節目の大会を開催させていただきまして、神戸ウエストライオンズクラブ様から新しくカップを更新していただきました。非常に素晴らしい大きいカップを子供たちへ贈呈することができることとなりました。この場を借りて厚く御礼申し上げたいと思います。

先ほど会長様からもお話がございましたようにロンドンでは熱い戦いが繰り広げられております。とりわけサッカー。なでしこジャパン、また23歳以下の若い日本の選手たちが見事トーナメント予選通過いたしましてベストエイトとして決勝トーナメントへ進むこととなりました日本のサッカーもようやく世界のサッカーに仲間入りをすることができてなんとか世界のサッカーマン達の中で同じレベルで戦うことができると言う姿になったわけですが、この裏には、私共が申し上げるのも口幅ったいですが、私たちが子供達を相手に、既に私自身も40年子供達とサッカーを楽しんでおります。その様な積み重ねによって、多くの子供たちの底辺を広げて、そして、日本のサッカーマンJリーガーだけではなくて世界に羽ばたいて活躍している選手神戸からもたくさんの選手たちが活躍致しております。

特に今回英国のマンチェスターに移籍が決まりました香川君。彼は垂水区の東舞子でサッカーをしていました。そしてご存知の通りドイツでサッカーをしておりました岡崎くん彼は宝塚でサッカーをしておりました。私も彼の小さい頃を覚えております。非常にやんちゃな子でありましたけれども非常にがむしゃらなそういう心意気がいまだに見えるそういう選手ですね。

このように多くの方々、少年たちが羽ばたいて今のサッカーを支えているんだと言うことを思いますとき、この四半世紀神戸ウエストライオンズクラブの皆様方が本当に暖かい目でそういう子供たちを見守り、暖かい声援を送り続けていただいた、その愛情に感謝の念を抱かずに居られません。将来を担う子供たちが、元気いっぱいスポーツを通して良い人格を持ち良い人間としてこれからの日本の社会を担っていくと言う心意気の少しでもお役にたつことができればと。フレンドカップ26回大会の開催にはそういう願いを込めております。

つきましては、クラブメンバーの方々のご賛同を戴き現地へ赴いていただき出場選手達へ暖かいエールを送っていただければありがたいと思っております。この場を借りて御願い方々皆様方の益々のご発展を祈念すると共に皆様方の健康と共に新しい年度へ向かってのご活躍を祈念して簡単粗辞ではございますがご挨拶に代えさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>